何はともあれバイオリンとオカメインコ

アクセスカウンタ

zoom RSS モーツァルトの5番はむずかピーのです!

<<   作成日時 : 2017/06/28 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

あらら、随分と更新が途絶えておりやした。

さてと、発表会で弾くモーツァルトのコンチェルト5番ですが、殆ど進んでおりません。

一応最後までは通りましたが、まだまだ譜読みの段階な感じです。

どの指で弾くか、覚えきれてませんし、ボーイングもままならず。

『速いパッセージでは同時押さえをしないから音がもやもやとハッキリしないのだ!置いた指は離さず置いとけ!』 と言われたので今は使わない指も次に使う時の為に一緒に正しい場所に置こうとするのですが、隣の指にくっ付かない、勝手に動いてしまうなどで上手い事行きません。

それから毎度注意され続け、いまだ改善されない 『ビブラートが途中で止まる』 は、メトロノームを使っても私の意志に逆らい、指が勝手に止まる!

ある移弦の箇所では 『手首を使うと弓がぶれるから手首を固定し、ひじだけで移弦しろ!』 と言われた所はひじを見ながらゆっくりやっても手首が勝手にくねくね

万年寝不足で脳の反応が大変鈍くなっております。

それとですねぇ、殆ど練習しないはずだったアマオケの曲ですが、秋の演奏会でやるオーボエコンチェルトが非常に難しいのと、新しいコンミスが旧コンミスを越える厳しさで、キッチリ練習せざるを得ないのであります。って練習して弾けるようにするのは当たり前の事なんですけどね。

でも、アマオケの曲をある程度弾けるようにすることは100%無理です。

レッスンのように指番号を振ってもらい、弾き方を丁寧に教えてもらい、超ゆっくりなテンポから始め、弾けるようになるまで細かく見てもらい、1楽章のみに数ヶ月費やし・・・・・な事をすれば、ひょっとしたら弾けるかも知れません。

でもねぇ、例えば、序曲、コンチェルト、交響曲、アンコール曲なんてーのを全て上記の練習方法で進めていったらば、一体全体何ヶ月、いや、何年掛かるんでしょうかねーーー。

だから、たったの半年で仕上げる事など土台無理なのです。

カイザー1巻の1番を1年間続けてやっとお許しをもらった程度の実力で弾けるわきゃないのです。

じゃ、そんな人がなんでアマオケにいるのさーーー。と、聞かれたら 『はて。なぜでしょう

残された人生は短いので好きな事だけやって行くのです〜 







お帰りの際には是非ポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村



にほんブログ村



にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
むずかピそうですね。
モーツァルトは軽やか〜て感じなので、私はそこまで行きつけるか、と思っちゃいます。
オケも厳しいんですね。敷居がどんどん高くなります...
もん坊
2017/07/05 13:16
もん坊さん、コメントありがとう御座います。
はい。モーツァルトさんは非常に難しく「なんでこんな面倒な曲を作ったのさ〜」と思いますです。
オケ入りますか?やりたいと思った時が入りどきです♪もっと上手になってからと思っていたら一生入れませんよ〜。その高い敷居をまたいじゃってくださいませ!ヤーー
エメラルド
2017/07/05 16:56
☆アマオケの中で、沢山のレパートリーを指番号を振ってもらわなくても弾けてしまう技術力はスゴイですね!現場に強いのかな?
ぬえ
2017/07/06 18:02
ぬえさん、こんにちは〜
指番号なしなので、行き当たりばったりで適当にやってます。曖昧のままなのでいつまでたっても弾けませんよ〜。
現場や本番では「もういいやー。当たって砕けろーー」で失敗するんです・・・・・・やっぱり地道にこつこつと積み上げていかないと!ですね。毎度反省です
エメラルド
2017/07/07 15:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
モーツァルトの5番はむずかピーのです! 何はともあれバイオリンとオカメインコ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる