何はともあれバイオリンとオカメインコ

アクセスカウンタ

zoom RSS 主の降誕徹夜祭へ行ってまいりました

<<   作成日時 : 2016/12/26 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

主の御降誕おめでとうございます。

去年は24日が木曜日でしたのでアマオケの忘年会と重なり、降誕徹夜祭へ行きませんでした。

子供たちによる聖劇が可愛かったと聞きまして、どんなだったかな?と興味がありました。

一昨日の聖劇は劇進行役2名、ヨセフとマリア、天使3名、ローマ兵2名、羊飼いとその子供たち、宿屋の家族、あと誰だったかな?

劇進行役も含め小学生は滑舌が悪く、聞き取りにくい部分もありましたが、ローマ兵に扮した大学生は流石に解りやすかった。

台詞が長い子もいて、よく覚えられたな〜と感心いたしました。

で、

降誕徹夜祭のミサでは主の祈りをギターと共に英語と日本語で歌い、フィリピン人の聖歌隊とベトナム人の聖歌隊の歌を聞き・・・・・・

和やかでアットホームなのは良いのですが、何か違うな〜。

なんだろなぁ。 もっとこう・・・威厳の有ると言うか、荘厳な雰囲気のミサを好むのであります。

今はどこの教会でもこうなのかなぁ。

私が子供の頃は違ったけどな。

来年の降誕徹夜祭は違う教会へ行ってみようかな。







お帰りの際には是非ポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村



にほんブログ村



にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
☆プロテスタントの教会のクリスマスは、そういう感じですね〜私の市内のカトリック教会(4つあります)は昔ながらの厳粛なミサですが、ミサの後に御堂で余興や発表会をする事はあります。あと、教会コンサートはミサと別にやります。 教会コンサートなのに宗教曲やらないのは不思議です。
ぬえ
2016/12/28 13:00
ぬえさん、こんにちは。
うちの教会もそんな感じです。
歌を歌う人は(外国人)宗教曲を歌うのですが、楽器演奏者は全く関係のない曲です。フルートの人はオリジナル曲を吹きますし。。。
エメラルド
2016/12/29 17:50
☆オリジナル曲?!そうか…「ここぞ!」とばかりにお披露目したかったのですね。聖歌隊も発表の機会に飢えているようで、クリスマスには街頭で、聖歌を歌ってました。♪フルートの伴奏はオルガンですか?アカペラとか?  
ぬえ
2016/12/31 10:02
フルートの人はいつもギターの人と組んでるんですよ。私は聞いたことがありませんが、オルガンと組んだ時もあったようです。
エメラルド
2016/12/31 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
主の降誕徹夜祭へ行ってまいりました 何はともあれバイオリンとオカメインコ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる